アソビのタネ

子どもがいるならどこでも「もっと楽しく」「もっとのびのびと」「もっと安心して」いられる現場づくりでの実践を記していきます。

子どもの遊びと危険管理

2017年10月14日 宮城県大崎市鳴子温泉にある、鳴子保育園にて、当団体理事廣川和紀が職員研修を実施しました。 子どもたちには、自由でダイナミックに遊んでもらいたいなと思う反面、ケガのことや保護者のことも頭をよぎります。 その板ばさみをどう解消する…

園庭制作デモンストレーション

2017年9月16日 名取市下増田児童センター 本来の児童館は、毎日こんな感じでいいんですよ。のんびりして、好きなことやって。 この児童館に私たちプレーワーカーズが呼ばれている理由は、そこです。 児童館は、子どもなら誰でも遊びに来れる施設で、子どもの…

仕事博覧会in名取市

名取市立第二中学校で、今日8月24日仕事博覧会が行われました。名取市の行政、企業等が25社集まり、二中の2、3年生に各企業の説明をしました。一般社団法人プレーワーカーズも参加してきました。 一般社団法人って?どうやって活動費を得ているの?どんな仕…

子育て世代の会議が始まりましたin気仙沼

出生率1.90を目標に掲げる「プロジェクト1.90」という気仙沼市の事業に関連して、気仙沼市内の子育て世代やこれから子育てを担っていく若者と定期的に集まり、話し合う会が生まれ毎月1回程度のペースで開かれています。 この会議には親や若者の他、気仙沼市…

障がい児デイサービス施設での挑戦

2017年8月7日 障がい児デイサービス施設であるNPO法人ハックの家「ピーターズキッズ」でプレイワーク。 昨年は、遊具を作る前だったので、流しそうめんをしたり、川を作って遊んだりしました。 今年も夏休みに合わせて呼んでもらえたので、子どもたちの動き…

岩手県奥州市のママフェスで遊び場を開きました!

2017年7月2日、岩手県奥州市でママフェス「笑顔トキメクmamafes2017~遊びで育つ!親と子のココロとカラダ~」が開催され、子どもの遊び場ブースを依頼されて遊び場を開きました。 メイプルというショッピングセンター内で開かれ、子どもと大人の場所を切り…

吉祥寺ツアー

2017年6月6日 石巻市桃生地区太田にある吉祥寺(きっしょうじ)に行ってきました。 住みたい街ランキング1位のあの場所とは、チョットだけ違いますが、魅力たっぷりのお寺でした。 集合して 山を登っていくと いい景色 森もあります ステキな場所ですね。 って…

5/31の三陸新報に「ファミリープレイデイ」の様子が掲載されました!

5/31の三陸新報に「ファミリープレイデイ」の様子が掲載されました!気仙沼市から委託を受け、第一回のファミリープレイデイは5月28日に鹿折地区で開催されました。時折雨の降るなか、多くの親子が参加してくださいました。この企画は1年を通して、気仙沼の…

雨降ってますけど、何するんですか?

2017年5月13日 七ヶ浜町ななはまっこプレーパーク 前回も雨。 今回も雨。 小学校にチラシを配っていることもあり、きっとプレーパークの日を楽しみにしている親子も多かったのでしょう。 今日は、朝から問い合わせがあったそうです。 「雨降ってますけど、や…

地域に根付く遊び場づくり

2017年4月26日 石巻市蛇田地区で遊び場づくりをしたいと考え、計画を進めています。 経緯については、以下のブログをご覧ください。 playworkers.hateblo.jp 【集合】 新蛇田の復興住宅地は、 いわゆる団地のような集合住宅と自主再建のエリアとが隣接してい…

廃校利用の遊び場と「遊び」のはじまり

2017年4月22日 福島県石川町にある旧石川小学校に行って来ました。 【廃校利用】 図書館、生涯学習、子育てサロン、屋内遊び場、児童クラブが入る旧石川小学校。 校庭は、子どもの遊び場になっていきます。住民が主体になって、運営するためにワークショップ…

子ども時代を振り返る

遊び絵地図のワークショップを行いました。 2017年4月20日(木) 主催:ななはまっこ 会場:七ヶ浜町子育て支援センター ワークショップコーディネーター:廣川和紀 ななはまっこは、東京で子育てをしている時にプレーパークを知り、自然豊かな七ヶ浜に引っ越して…

情報誌「地域人 第18号」に掲載されました!

昨年11月に「にっぽん子育て応援団」が開催した「地域まるごとケア・プロジェクト人材交流研修会」の様子が、地域創生のための総合情報「地域人 第18号」に掲載されました。 この研修会は、仮設住宅や復興住宅の入居者と周辺住民をつなごうと行われてきた「…

民間版!子ども子育て会議in気仙沼

気仙沼市では、関係部署・有識者・経験者や、民間の公募委員で「子ども子育て会議」を開いていますが、参加している公募委員のお母さん達から「会議ではなかなか話せなかった。もっと子ども子育ての話をゆっくり、じっくり話し合いたい」という声がありまし…

フリーペーパー「となりのとなり」に寄稿

三陸の新しいを発信するローカルメディア「となりのとなり」は、東北地方の三陸沿岸部の動きを発信するフリーペーパーです。今回の「となりのとなり」はNPOや住民活動を紹介しており、その中の「子どもとコミュニティ」という連載ページに当団体の神林が記事…

静岡県「NPO法人ゆめ・まち・ねっと」視察・研修

2017年4月5日~4月8日の4日間、当団体の神林・廣川・塩田・遠藤の4名が静岡県富士市にあるNPO法人ゆめ・まち・ねっとで視察・研修を行いました。 【なぜ静岡へ・・・?】 プレーワーカーズでは今年度、一軒家を借りて子どもの居場所づくりの事業を始めます。…

気仙沼市子ども・子育て会議 ~言葉は世の中を変える!?~

2017年3月23日、宮城県気仙沼市の市役所ワンテン大ホールで「気仙沼市子ども・子育て会議」が開かれ、当団体の神林が出席しました。また、遠藤も一般広聴で参加しました。この会議には学校長や、児童養護施設・幼稚園・保育所の有識者や経験者、一般公募で選…

1番楽しい復興公営住宅

石巻市新蛇田地区というところに大きな復興公営住宅群が建ち並んでいます。 その中央にある公園で、プレーワーカーズは、NPO法人にじいろクレヨンと共に遊び場づくりを行ってきました。 2016年3月の活動で丸1年間やってきたことになります。 こういう復興支…

こんなところでもプレーカー

2017年4月12日 福島県郡山市に行ってきました。 プレーカー出動の打ち合わせをするためです。 今回の出動場所は、東北電力(株)郡山営業所です。 三春町でのプレーカー活動がきっかけで、繋がりができました。 本番は、23日なので、追って報告します! さすが…

自然豊かな環境なのに…

2017年3月27日 宮城県七ヶ浜町でななはまっこプレーパークが開催されました。 七ヶ浜といえば…?? そうですね。ボンエルフですね。 車と歩行者の共存を考えたというアレですね。 でも、もう少し一般的に言うと海のまちです。 震災の影響で休止していた菖蒲…

たまには、ほのぼの記事でも

2017年3月7日 平日昼間の亀が森公園 毎週火曜日に、プレーワーカーズがいるよ!っていうゆるい感じで続けています。 始まった経緯や詳しくは、11/17 のブログ「なおたろうとかずきが来る日」を見てください。 playworkers.hateblo.jp この日は、ペットボトル…

ジュニア・リーダーの研修の講師を務めました

ジュニア・リーダー上級研修会(うち1コマ) 日時:2016年12月26日(月) 場所:宮城県本吉郡南三陸町 志津川自然の家 主催:宮城県教育委員会 共催:一般社団法人宮城県子ども会育成連合会 12月26日に行われた「ジュニア・リーダー上級研修会」の1コマの…

ロンドン研修報告会

「子どもの遊び場ロンドン視察・研修報告会」 日時:2017年2月27日(月) 14:00~16:00(13:30開場) 場所:宮城県名取市 市民活動支援センター 中会議室 2月17日~2月24日に行われた「子どもが遊べる”まち”をつくろう!子どもの遊び環境づくりをロンドン…

川西市平成28年度青少年フォーラム「プレーパークを知る」

当団体代表の須永力が兵庫県で講演を行いました。 川西市平成28年度青少年フォーラム「プレーパークを知る」 日時:2017年1月28日 13:00~16:00 場所:兵庫県川西市 アステ市民プラザ 主催:川西市教育委員会主催 兵庫県の川西能勢口近くに新設される都市…

子どもの足で行ける拠点事業、始動!

【移動遊び場の苦悩】 これまで、移動型遊び場プレーカーで各地を駆け回り、子どもの遊び場・居場所づくりをしてきたプレーワーカーズ。移動型の遊び場は多くの地域で遊び場を開くことができ、より多くの子どもに出会うことができます。しかし、活動のほとん…

遊びのレンズって、なーに?

プレーワーカーズのかずきです。 1歳8ヶ月の娘を病院に連れていきました。 小児科専門のクリニックなので、待ち合い室にキッズスペースが広く取ってあります。 そこには絵本とマンガ、おもちゃが2つほど置いてあります。 【このおもちゃが2つありました】 …

未来の保育士に向けて ~盛岡大学 講義~

盛岡大学で2年生約150名を対象に、当団体の神林(事務局長)と遠藤(プレイワーカー)が講義を行いました。今日参加したほとんどは、保育士など子どもに関わる仕事を目指している学生でした。 依頼してくださった大学の先生は、子どもの自由な遊びや冒険遊び…

チャイルドファシリテーターとして

子どもの遊び場では、子ども同士、大人同士、親と子ども、地域の人と子ども…様々な人の間に立って、私たちプレーワーカーはつなぎ役をします。会議で仲立ちをして進行する人をファシリテーターと言いますが、まさにその仕事を会議だけでなく、あらゆる場面で…

気仙沼市長と座談会「気仙沼の『子育て論』」

2017年1月1日発行の「広報けせんぬま」に、新春座談会「気仙沼の『子育て論』」の様子が掲載されました!これは市長とおよそ2時間もじっくり「子ども」について話せるという、またとない機会でした。 宮城県気仙沼市の子育て世代包括支援センター「すこやか…

結婚パーティで子どもの遊び場!?

移動型の遊び場「プレーカー」は、ママサークルや地域のイベントような小さな遊び場から、数百人が来場する大きなイベントまで、いろんな所で子どもの居場所をつくっています。しかし、結婚パーティで遊び場を開くのは初めてでした。開催されたのは、宮城県…