アソビのタネ

子どもがいるならどこでも「もっと楽しく」「もっとのびのびと」「もっと安心して」いられる現場づくりでの実践を記していきます。

障がい児施設での遊び空間デザイン

NPO法人ハックの家が運営する障がい児の放課後や長期休みをサポートする「ピーターズ・キッズ」という施設の園庭で遊具づくりを請け負うことになりました! プレーワーカーズがつくる遊具は、既製の遊具と違って、手を加えたり、作り変えができます。 長期的…

障がい児施設でのプレーワーク

2016年8月9日、10日にNPO法人ハックの家が運営する障がい児の放課後や長期休みをサポートする施設でプレーカー活動をしてきました。 できないことが多かったり、こだわりが強かったり、そういうことが顕著だったりはするのかもしれないけれど、基本的にいつ…

知らない人でも友達になれるんだ

KESEN ROCK FESTIVAL’16 日時:2016年7月16~17日 場所:種山ヶ原森林公園 種山ヶ原イベント広場 特設ステージ (岩手県気仙郡住田町世田米字子飼沢 30-39) 遊び場と相性バツグンなのは音楽! KESEN ROCK FESTIVAL’16では、初めて遊び場を担当させていただ…

ひろい草原と川のある遊び場 オープン!!

面瀬川ふれあい農園 開園式 日時:2016年7月22日(金)10:00~12:00 場所:面瀬川ふれあい農園(宮城県気仙沼市面瀬地区) 地元住民の運営で共同農園と子どもが遊べる広場をあわせて開設する「面瀬川ふれあい農園」。子どもは自然でのびのび遊び、大人は家…

自分という主体を立てる(研修1日目)

中央大学の学生ボランティア プレーワーク研修 日時:2016年7月2日~3日 14:00~17:00 場所:上沢三区自治会館 (宮城県気仙沼市岩月寺沢) 宮城県気仙沼市で子どもの学習支援ボランティアを続けてきた中央大学の学生達。今まで何度か研修を依頼されてきまし…

思春期に震災に遭った若者たちの言葉

現在、学校に行かないという選択をしている子どもは少数派。不登校状態や茶パツにピアスをつけるだけでも問題視されることが多いです。こうした選択をしている子どもたちも、社会に対する明確な意見を持っています。その意見には世の中の子どもの環境を改善…

ろりぽっぷ学園でのプレーカー活動

日時:2016年6月27日(月)12:30~17:00 場所:ろりぽっぷ学園園庭 (宮城県仙台市若林区) 内容:保育園、幼稚園、放課後児童クラブの子ども、保護者向けのプレーカー活動 幼稚園、保育園、放課後児童クラブを併設するろりぽっぷ学園の園庭でプレーカー活…

第7回 赤い羽根全国ミーティングin宮城

第7回 赤い羽根全国ミーティングin宮城 自分の町を良くする会議 2016年6月22日-23日 宮城県松島町「ホテル大観荘」 プログラム ・全体会「被災地支援で共同募金が果たした役割と運動性の再生に向けて」 ・分科会 ①共同募金会の魅力・楽しさを知る! ②いつも…

「子どものまち・いしのまき子ども会議」

子どものまち・いしのまきの子ども会議がはじまりました! 子どものまちは、子どもがつくる、子どもが主役のまちです。 【アイスブレイク】 簡単な自己紹介の後に 「いつ、どこで、だれと、だれが、何をした」をグループで出しあっていく言葉遊びをしました…

【自由な遊びと自由な働きかた】

自由っていいですよね。 だけど、 子どもたちの遊ぶ環境を見つめると、とても制約が多くて自由に過ごすことが許されていないと感じます。 ボール遊びが禁止になっていたり、塾や習い事、児童クラブなどで時間的な制約があったりすることは分かりやすい事例で…

遊び場づくりに必要な2つの視点

岩手県山田町にてプレーワーク研修をしました! 日時:2016年6月26日13:00~16:00 場所:岩手県山田町 遊び場予定地 山田町では現在、若者と地域住民が立ちあがって子どもの遊び場をつくろうと計画しています。そこで「遊び場を見守る技術を学ぶためにプレー…

居心地いい場所 

日時:2016年6月25日 10:00~15:00 場所:面瀬川ふれあい農園(宮城県気仙沼市面瀬地区) 雨天が心配されたこの日でしたが、前回と同じく曇り模様のまま終わりました。今回は開園以来、初めて幼児が来園しました。 「なにもないけど、大丈夫かなぁ」 運営スタ…

ユニセフハウスにて遊び場

「あそびのちから~子どもたちの復興をささえたもの~」 日時:6月14日(火)14:30~16:00 場所:ユニセフハウス(港区高輪4-6-12) その報告会の間、会場の駐車場でプレーカーの展示と、遊び場開催をしました。 コンクリートとビルがひしめく街の一角に開…

歴史ある古民家で遊び場!

「1日プレーパーク開園!@まちや世田米駅」 日時:2016年6月19日(日)10:00〜12:00/14:00〜17:00 場所: 住民交流拠点施設 まちや世田米駅 広場 (岩手県気仙郡住田町世田米字世田米駅13) 主催:一般社団法人SUMIKA 共催:一般社団法人プレーワーカー…

中学生の声、まちをつくる

「鹿折の公園・街路樹に関する検討会」 日時:2016年6月18日(土)15:00~17:00 主催:鹿折まちづくり協議会 東日本大震災によって、町の大部分が津波と火災の被害に遭った宮城県気仙沼地区で、まちづくりのために意見を集める検討会が開かれました。当団体…

私たちのまいてる“遊びのたね”

プレーカー事業から学ぶ『遊びのたねを届けるということ』 日時:2016年6月16日(木) 19:00~21:00 会場:武蔵浦和コミュニティセンター第7集会室 子どもたちがのびのび遊べるまちをつくるために活動している「たねの会」に招かれ、当団体事務局長 神林俊一…

遊びの達人のいる公園 

遊ぶことに熱中した子どもは、時に大人もびっくりするような技を生み出します。 「これ、オレが編み出した技!」 そう言って男の子は自分の体を一周させてコマのヒモを引く、大技を見せました。 6月15日、大田区中央5丁目公園プレーパークに行ってきました。…

ママの休日 あかね染め!子どもは水遊び!

【あかね染めワークショップ】 主催:ママの心と体の健康サロン 日時:6月5日 10:00~15:00 場所:前浜マリンセンター(宮城県気仙沼市本吉町前浜) 普段ゆっくり自分の趣味の時間をとりにくく、なにかと忙しいママたち。この日だけはじっくりと楽しめる時間…

ぶどう園で森のようちえん!?

「八瀬・森のようちえん~八瀬の森で遊ぼう~」 日時:6月4日10:00~14:00 場所:宮城県気仙沼市八瀬 田島ぶどう園 海の町のイメージがある気仙沼の中でも、山あいにある八瀬地区。この地区出身の菊池さんがぶどう園で遊び場をひらきました。普段はサンマの…

亀が森冒険遊び場③

亀が森冒険遊び場③ 【哀しいできごと】 2016年5月、亀が森公園のシンボルとも言える大きなジャングルジムとそこから続く長いすべり台が使用禁止になりました。これから撤去するそうです。 何十年も前からある遊具なので、耐久性などを考えると仕方のないこと…

お寺のマルシェで遊び場

かもみ~るマーケット 補陀寺deマルシェ 日時:5月29日 10:00~15:00 場所:補陀寺(宮城県気仙沼市古町) 木工、消しゴムハンコ、藍染、布小物、様々な手作り商品とワークショップの露店が立ち並んだ補陀寺で遊び場を開きました。 去年も同じイベントで遊び…

亀が森冒険遊び場②

前回は、やっと振り返る気持ちになったことを書きました。今回は、きちんと振り返りをしてみたいと思います。 【開催までの想い】 亀が森地元有志の会で初年度に作成した報告書より、代表を務める阿部正樹さんの文章を引用します。彼の声と行動がなかったら…

一人で子育てするのは大変だけれど

「アナタの仕事はドロ遊び、お母さんの仕事は洗濯物ね」 あるお母さんはそう言って子どもを遊び場に送り出しました。 宮城県気仙沼市の子育てサークルHAPPYのイベント「元気っこ!この指とーまれ!!」に参加してきました。このサークルでは毎月乳幼児…

東日本大震災被災地復興支援の歩み

弊社のルーツである「特定非営利活動法人日本冒険遊び場づくり協会」による東日本大震災被災地復興支援事業の5年間の報告会が東京で行われます。 当団体からはNpo法人日本冒険遊び場づくり協会東北オフィス として活動をしていた 須永 力 (Tsutomu Sunaga) …

亀が森冒険遊び場①

亀が森冒険遊び場① 亀が森冒険遊び場は、石巻市河北地区で2011年6月から月に1回定期的に開催している子どもの遊び場です。 立ち上げの頃からずっと関わり続け、もうすぐ5年が経とうとしています。やっと今振り返ってみたいという気持ちになってきました。 こ…

「遊び場&お掃除イベント開催」

5月8日、LAZO倶楽部とともに開催したイベント『石巻プレーパーク 遊び場&お掃除』の様子を紹介します。 快晴となったこの日、予想外に風は強く、髪は吹き荒れ、ビニール袋は空を舞い、鳥たちは苦難をしいられるも、遊び場にとってはそれもまた一興とみるよ…

「2つの再会」

【イベントの企画】 4月24日、LAZO倶楽部から、河川敷を自分たちだけで掃除するのは「すごく大変、一緒に協力してくれる人を集めなきゃ」という声にもとづき、次回は、近所の人たちや小学生にもイベントとして広報して、清掃と遊び場をしてみようと話し合い…

「すごく大変、という実感」

「すごく大変、という実感(水明No.2)」 4月24日、河川敷での清掃と釣りの合間やあとにその場で、次回の活動をいつ、何をするかLAZO倶楽部の5人と打ち合わせをしました。 そこでLAZO倶楽部から、河川敷を自分たちだけで掃除するのは「すごく大変、一緒に協…

LAZOの意味から考える

以前のブログ記事『遊ぶ場所がないから、自分たちでつくりたい』の続きとなります。 【LAZO倶楽部】 水明町の河川敷で、遊ぶ場所を自分たちでつくる活動をしている住吉中学1年生5人組。彼女たちは自分たち5人の会に『LAZO倶楽部』という名前をつけま…

子どもの声をまちづくりへ

子どもの声をまちづくりに生かすため、中学校の授業でファシリテーターを務めました。当団体の神林・遠藤、NPO法人底上げの成宮さん、立教大学の大学生がそれぞれのテーブルに配置されました。 5月14日(土)、宮城県気仙沼市立鹿折中学校のふるさと学習で、…

いつもの公園の木が遊具に大変身!in富士見わかばまつり

公園の木と木をロープで繋いで作られた遊具はモンキーブリッジ。ロープの上を歩くとフワフワとした独特の浮遊感があり、シンプルですが面白い感覚が味わえる遊具です。モンキーブリッジを作ったのは埼玉県鶴ヶ島市で行われた「富士見わかばまつり」の遊び場…

親は勉強中…子どもはどろんこ!

5月4日は、「 子育てサークル HAPPY」の白鳥 宏江さん企画による講座に合わせ、子どもの遊び場を開きました。 「ゆめ・まち・ねっとの!!たっちゃんとみっきぃが気仙沼にやってくる!?」 日時:5月4日(水)10:00~15:00 場所:前浜マリンセンター(宮城県…

気仙沼市面瀬に子どもの居場所が!

面瀬川ふれあい農園プレイベント「面瀬川ホルモンパーティ」 日時:5月21日(土)11:00~15:00 場所:面瀬川ふれあい農園 震災後のまちづくりの中「多世代が集まって交流できる場所が欲しい」という意見から生まれた「面瀬川ふれあい農園」。子どもはのびの…

「おとなってつまらない世界じゃないらしい」

底上げ Drinks@気仙沼 vol.8 主催:NPO法人底上げ 日時:2016年5月3日18:00~21:00 場所:co-ba KESENNUMA 「いま高校生に話すなら何を伝えたい?」と打ち合わせで問われ、直前まで考えて答えたのがこのタイトルでした。「NPO法人底上げ」主催による、気仙…

音楽の聴こえる遊び場

暖かな太陽の光が射し込み、ギターの旋律と子どもの笑い声が響く「みなみまちcadocco」。4月30日、宮城県気仙沼市の南町紫市場で行われた「気仙沼ストリートライブフェスティバル」のプレイベントで遊び場を開きました。 遊び場をひらいた部屋はライブ会場の…

「子どもの日だからこそ、子どもたちの声を聞こう!発信しよう!」

石巻市長、石巻市職員と子どもたちの意見交換会in石巻子どもセンターらいつ普段子どもセンターで活動する「子ども会議」と「子どもまちづくりクラブ」のメンバーが何度も話し合いを重ねまとめた提言を伝える場でした。「遊び場について」もともと公園だった…

遊ぶ場所がないから、自分たちでつくりたい

プレーワーカーズでは『子どものための石巻市民会議』と協働し、石巻市にある水明町で、同地域にある住吉中学の1年生5人と共に、遊び場づくりをはじめています。今年の夏休みに、水明町河川敷で冒険遊び場連続開催を目標に、3月から話し合いや清掃活動、…

子どものまち・いしのまき2016

子どものまち・いしのまき2016大人実行委員会立ち上げのためのミーティングを行いました。【震災から5年が経って】震災後、2012年に第1回を開催し、今年で5回目となる子どものまち・いしのまき。多くの方々、団体、大学、企業などに助けてもらいながら開催を…

たっちゃんみっきぃが気仙沼にやってくる?!

NPO法人 ゆめ・まち・ねっと たっちゃん みっきぃが気仙沼にやってくる?! 子育てをしていると、あれ?これは?と疑問が出てきたり、 これでいいのかな?と不安になったり・・・ そんな子育ての疑問をたっちゃんとみっきぃに聞いてみよう! 日時:5月4…

児童センターで冒険遊び場!?

名取市にある下増田児童センターで1日冒険遊び場を開催しました。工作して、焚き火して、どろんこになって…1日中楽しく遊びました。【道具と材料があれば好きなものが作れる】【火があればラーメンもパンも作れる】【スコップと水があればカタチを変えられる…

「春待ちコンサート」さまよりご寄付を頂きました。

「春待ちコンサート」さまより「被災地の遊び場支援」として 30,256円を、ご来場の皆さまからご寄付を頂きました。 プレーワーカーズの代表の須永は『おかぶん亭リターンズ』として、なんども『春待ちコンサート』に参加したメンバーです。 今回も、毎年演奏…

子どもの時間を区切ること

どんなイベントにも「終わりの時間」があります。 この日も、とある遊び場に「終わりの時間」が来ました。遊び場をひらいたスタッフ達が「終わりだよ、片付けよう」と呼びかけます。工作した後のノコギリ・トンカチや木材が片付けられていく中で、工作台に残…

ミーティングはじめの一歩講座

ミーティングはじめの一歩講座 講師:三浦友幸さん 東北の寒さもゆるみ、外遊びが楽しい季節が巡って来ました。 子どもの活動をしたい!というみなさんにとって、春はスタートの時期です。 活動をスタートするために最初にすることがミーティング。ところが…

プレーワーク研修with中央大学

3月25日、宮城県気仙沼市面瀬地区で、学習支援の一環として中央大学の学生が遊び場を開催しました。 この遊び場は、走り回れる広い原っぱがあり、清んだ水の川があり、多様な生き物にさわれる、素晴らしい環境があります。環境が良くのびのび遊べるだけに、…

コミュニティー広場 ふぁみりあ

コミュニティー広場「ふぁみりあ」『ふぁみりあ』は病気 発達のんびりさん 肢体不自由など(障がい)のお子さんを育てるママさん又はご家族の交流の場所として、月に一度、気仙沼で活動しています。 4月9日は「ふぁみりあ」さんにお呼ばれして、プレーカーで遊…

【ミーティングはじめの一歩講座】

【ミーティングはじめの一歩講座】 日時:4/13 10:00〜12:00場所:前浜マリンセンター(気仙沼市本吉町前浜305-1)参加費:無料 子どもの活動をしたい! 子どもの遊び場つくりたい!...という気持ちの皆さんにとって、春は活動スタートの時期。活動のためのミーテ…

未来の遊び場めぐりの旅 in気仙沼市八瀬

港町気仙沼市の中でも、山間部にある八瀬地区。ここでは小学校の統廃合や保育所の閉鎖により、地域から子どもの居場所が無くなってしまうという危機感を抱いた住民が立ち上がり、子どもの居場所をつくろうという動きがあります。 今日は、八瀬地区の中でも子…

児童センター職員研修

児童センターの職員研修をしてきました。今回は、第1回目ということで自分の子どもの頃を思い出す作業をしました。春からの新入職員になる大学生もいて、職員の方とも初対面ということもあり、まずは、自己紹介「名前、出身、子どもの頃ハマったこと、子ども…

「子どものいのちとこころの話in品川」前編

「子どものいのちとこころの話in品川」前編 第1部では、子どもに向き合って奮闘している実践者が、子どもたちの様々な現状を伝えました。子ども食堂についての話、思春期の子どもたちの居場所づくりについての話 、被災地での話…。 第2部は、おむすびを食べ…