読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アソビのタネ

子どもがいるならどこでも「もっと楽しく」「もっとのびのびと」「もっと安心して」いられる現場づくりでの実践を記していきます。

品川で遊び場!!

遊びの企画

「品川で遊び場!!」

 

1月31日、東京都品川区聖蹟公園で遊び場を開きました。地元の餅つきイベントと併せて開催したため、大勢の親子や地元の人々が参加しました。

 

f:id:playworkers:20160210070647j:plain

 

遊び場のすぐ隣では布紙芝居「なにぬの屋」が上演されました。渋沢やこが生み出す物語の世界に入り込んだ子どもたちは、歓声をあげたり、演技のマネをしたり、大はしゃぎ!

 

f:id:playworkers:20160210071947j:plain

 

今回の遊び場で面白いな~と思った遊びは、麻布お絵かき!

ザラザラしていて、紙とも布とも黒板ともちがう感触。

 

 ある女の子は、麻布に赤いヒモをとおして裁縫みたいな遊びをしていました。麻布は、指で穴があくような荒い織り目になっています。

 

f:id:playworkers:20160206003054j:plain

 

 その麻布、実は秘密基地(?)の一部でもあります。

 

中学生くらいの男の子たちが作ったブルーシートと麻布の秘密基地。男の子達は、基地が完成してすぐ餅つきに参加しに行き、静かな空間だけが残りました。出店や遊び場の賑やかさから少し離れられる、影になる部分。

 

そこに入って行ったのは、とある親子。赤ちゃんのおむつ替えでした。涼しい風と静かな空間、心地良さそう。

 

ひとつの遊びが別の子どもの遊びに繋がったり、違う子どもの居場所になったり、変化していくのを見るのはとても面白いです。

 

f:id:playworkers:20160211004026j:plain

 

餅つきで「やりたい!」「やらせて!」と盛り上がる子ども、出店で店番をしながら暖かく見守る大人たち。品川という大都市の真ん中で、子どもの歓声が響いた素敵な日でした!