読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アソビのタネ

子どもがいるならどこでも「もっと楽しく」「もっとのびのびと」「もっと安心して」いられる現場づくりでの実践を記していきます。

コミュニティー広場 ふぁみりあ

コミュニティー広場「ふぁみりあ」

『ふぁみりあ』は病気 発達のんびりさん 肢体不自由など(障がい)のお子さんを育てるママさん又はご家族の交流の場所として、月に一度、気仙沼で活動しています。

4月9日は「ふぁみりあ」さんにお呼ばれして、プレーカーで遊びに行きました^^

f:id:playworkers:20160409200407j:plain

 

天気も良く風も気持ちよかったのでとにかく遊び日和!

会場の前浜マリンセンターの雰囲気も良かったので、午前から午後までとにかくのんびりと過ごすことができました。


f:id:playworkers:20160409200704j:plain

f:id:playworkers:20160409201750j:plain



肢体不自由の子が、重いトンカチをどうにか持とうとして工作の机に座ったときはすごかった!

「ねー、それもうちょいこっちに寄せて!」
「今度はボンドとって!」
「今度は細井くぎ!」

すごい集中力で夢中になって工作をしている表情はたくましかったなぁ^^





また、前浜にはとても素敵な海岸があるので遊びにいっちゃいました。

f:id:playworkers:20160409201303j:plain


こどもたちと時間が経つのを忘れて波打ち際で過ごしました。


子どもが工作したてづくりの船を浮かべたら見事に浮かんで大喜び!


ただ、バランスだけ合わず横に転覆したので、タイタニックごっこで盛り上がりました。

f:id:playworkers:20160409201938j:plain




海からの帰り際、船を作った子どもが「おれそういえば海久しぶりだなぁ、前は震災前の頃だから6〜7年ぶりかも!。やっぱり海は楽しいなぁー、良い思い出になったよ、ありがとう!」

と話してくれました。

海のことは色々考えるものもありましたが、この子と一緒に海に行けて良かった。

そんな素敵な一日でした^^