読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アソビのタネ

子どもがいるならどこでも「もっと楽しく」「もっとのびのびと」「もっと安心して」いられる現場づくりでの実践を記していきます。

0歳児の母親向け講座

2016年11月2日

石巻子どもセンター主催の講座で

廣川和紀が「子どもにとって遊びとは」というテーマで話をしてきました。

 f:id:playworkers:20161102140347j:image

 

0歳児の母親向けということで、「なぜ子どもにとって遊びが必要なのか。」というか、「そもそも遊ばないと生きていけないよね子どもは。」とか、「遊びっていったい何なんだ?」といったことに僕がなぜ興味を持って、どう考えていったかということについての話から始めました。

 

親になってからの気づきや子どもに関わるボランティアを通じて気づいたことなどなどを踏まえて。

 

で、「親としてはどうしたらいいんだろう?」

への自分なりの回答を用意していった感じです。

 

参加者の方の半分は、他県出身の方だったので、最後には転勤族の子育てにも冒険遊び場はいいよーという話もしました。

 

子どもの遊びのことって、自分も経験しているから本当は分かっているはず。

だけど、忘れがちになっちゃうこと。

そして、普段はあまり関わりがないだろう、小学生や中学生置かれている今の石巻の環境についても気づきにくい。

でも、それをちょっとでも知っておくと自分の子どもが成長していった時のために、なんとかしておかなきゃって思うはず。

 

 

他県から来た人は「地方は選択肢が少なくて…」と気づくことが多い。

これからの石巻はそんな外視点も必要かもしれない。

 

廣川和紀(かずき)

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

一般社団法人プレーワーカーズ 

 

〇プレーカー・プレーワーカーを呼びたい方、

講演・研修・遊び場づくりなど、その他ご相談はこちらへご連絡ください

info@playworkers.org

                 

〇ご支援のお願い

遊び場づくりの支援や、子どもを取り巻く課題解決のため、ご支援のほど宜しくお願い致します。

http://playworkers.org/donation

 

〇HPはこちら↓

http://playworkers.org

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※