読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アソビのタネ

子どもがいるならどこでも「もっと楽しく」「もっとのびのびと」「もっと安心して」いられる現場づくりでの実践を記していきます。

1番楽しい復興公営住宅

f:id:playworkers:20170412221354j:image

石巻市新蛇田地区というところに大きな復興公営住宅群が建ち並んでいます。

 

その中央にある公園で、プレーワーカーズは、NPO法人にじいろクレヨンと共に遊び場づくりを行ってきました。

2016年3月の活動で丸1年間やってきたことになります。

 

こういう復興支援活動というのは、必ず成果が求められます。

 

・何人の参加があったか

・参加者の気持ちの変化はあったか

 

などなど。

これも大事なことです。

 

しかし、子どもの遊びって何より「楽しい」が1番ですよね。

 

1年間継続してきたら、「楽しい」遊び場になってきました。

 

f:id:playworkers:20170412221740j:image

 

 ハンモックでゆらゆら楽しい!

かと思いきや、子どもたちのおしゃべりスポット&ゲームスポットになっています。

 

f:id:playworkers:20170412221927j:image

 「それ以上は、こわいよーー!!」

 

f:id:playworkers:20170412222118j:image

 

君の 前前前世界 ……

何故か折り紙の裏に映画「君の名は」の主題歌の歌詞を書く2人

 

f:id:playworkers:20170412222402j:image

 

音楽行進隊

当日の雰囲気を音で伝えられないのが、もったいないですが、公園中を練り歩いていました。

トップの写真もそれです。

 

f:id:playworkers:20170412222653j:image

 

最後は足湯。

やるよねー。って、やるのか!?

気づいたら子どもたちだけで穴掘って足湯作っていました。

 

コレ、1日の出来事です。

これまでも色んなことをして遊びました。

 

 

 

いや、でもね。

1番楽しい復興公営住宅って書いたけど、みなさんはどう思いますか?

写真を見て、「すごく楽しそう!」って思いましたか?

それとも、「もっともっと楽しいことあるのにな」って思いましたか?

 

ココが、遊ぶ環境として“かわいそう”な場所でもダメですが、“楽園のよう”でも哀しいですよね。

 遊び育つ社会を目指して行くためには、「こんなことぐらいフツーだよね」って言ってもらわなければいけないのです。

 

まだまだですね。

 

文責:廣川和紀

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

一般社団法人プレーワーカーズ 

〇プレーカー・プレーワーカーを呼びたい方、
講演・研修・遊び場づくりなど、その他ご相談はこちらへご連絡ください
info@playworkers.org

〇ご支援のお願い
遊び場づくりの支援や、子どもを取り巻く課題解決のため、ご支援のほど宜しくお願い致します。
http://playworkers.org/donation

〇HPはこちら↓
http://playworkers.org

〇普段の活動の様子が見られる、ブログ「アソビのタネ」はこちら↓
http://playworkers.hateblo.jp

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※