アソビのタネ

子どもがいるならどこでも「もっと楽しく」「もっとのびのびと」「もっと安心して」いられる現場づくりでの実践を記していきます。

遊具づくりをキッカケに「遊ぶ」を考える

2018年7月4日5日6日

岩手県野田村NPO法人ハックの家 ピーターズキッズ

 

2015年11月に遊具づくりについて打ち合わせをしてから、早くも2年半以上が経ちました。

2016年に大型複合遊具を作り、2017年は園庭に林をつくって、ウッドデッキもつくりました。

 

f:id:playworkers:20180712112520j:plain

f:id:playworkers:20180712112552j:plain

f:id:playworkers:20180712112643j:plain

f:id:playworkers:20180712112730j:plain

f:id:playworkers:20180712112802j:plain

 

今回は、最終のフォローアップとして、利用者のお母さんたちと職員の方向けの座談会及び、学習会を開催しました。

 

f:id:playworkers:20180708215809j:image

 

プレーワーカーズが請け負った、ピーターズキッズの園庭改修のコンセプトは、「園庭と育ちあう」です。

 

 園庭が変わっていくと子どもたちの遊びが変わっていきます。

子どもたちの遊びが変わると大人も変わります。

大人が変わると環境がまた変わります。

(プレイフルvol.1から抜粋)

 

 このコンセプトを掲げ、終わりのないプロジェクトを続けていますが、実際2年半が経ち、大人と子どもと園庭の好循環が生まれてきました。

 

遊具づくりも座談会もどちらにも参加したお母さんは、

「また作るときは呼んでねー」
「あ、私たちいないと作れないかー」
と明るく話してくれましたが、まさにその通りです。

 

f:id:playworkers:20180712113008j:plain


プレーワーカーズだけの力では、作り上げることができないからこそ、このプロジェクトに価値があると思っています。

その価値には、「ボランティアとしての人手」、「みんなで作る楽しさ」もありますが、それだけはありません。

 

遊具をつくった後の「危険管理」的な観点からも重要だと思っています。

冒険遊び場では、「サービスする人とされる人に分けない」ことによって、自由な遊び場を維持しています。運営者の管理が不必要なわけではありませんが、利用者も含めて、みんなで気づいたことを伝え合うことで、大きな事故を防ぐ文化が生まれます。

その実例として、ヨーロッパでは、フローター(プカプカとあちこちに浮かんで漂う人)という役割があるそうです。ただ見回りをするのではなく、子どもに声をかけたりしながら、場を回りつつ、点検をしたり、修理をしたりします。

(参考:冒険遊び場ブックレット 冒険遊び場づくり危険管理の初歩)

 

実際に自分の手で作ったものは、自分でも試してみるし、遊んでみる。そうすれば危険な箇所も分かるようになり、愛着が湧けば、ずっと気にしてくれるはず。

 

この日の座談会では、子どもの遊びの大切さを伝えると共に、みんなで作って、みんなで危険管理をしていくことも改めて伝えました。

 f:id:playworkers:20180708215740j:image

 

ここ、ピーターズキッズの遊具づくりプロジェクトは、循環です。

 

スタートは、遊具づくりからでしたが、それをキッカケに「遊ぶ」について考えはじめ、職員の方も手を加え、どんどん環境が変化しています。

 

しかし、遊びの視点から見て、おもしろくなっていくと、同時に危なさも増していきます。その危なさについて、意識し、「リスクとハザード」を分け、どう管理するか。

それが、遊び空間デザインの醍醐味だと思います。

 

大人にとっても、おもしろくて奥深いスキルだからこそ、自分だけのものにせず、シェアしていきたいです。

プレーワーカーズの事業も、イベント出張、遊具づくり、講師派遣、居場所づくりと多岐に渡っていますが、全てが連動し、子どもが遊び育つ社会につながっていると信じて活動しています。

 

キッカケは、どこからでも必ず同じ方向を向いていくと思った3日間でした。

 

廣川和紀

 


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

一般社団法人プレーワーカーズ 

〇プレーカー・プレーワーカーを呼びたい方、
講演・研修・遊び場づくりなど、その他ご相談はこちらへご連絡ください。
info@playworkers.org

〇ご支援のお願い
遊び場づくりの支援や、子どもを取り巻く課題解決のため、ご支援のほど宜しくお願い致します。
http://playworkers.org/donation

〇HPはこちら↓
http://playworkers.org

〇普段の活動の様子が見られる、ブログ「アソビのタネ」はこちら↓
http://playworkers.hateblo.jp

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

 

 

 

 

 

児童館でのプレイワーク研修

2018年6月13日(水)

NPO法人みやぎ・せんだい子どもの丘さんが運営する仙台市八本松児童館の職員の方々向けに、プレイワーク研修を行いました。

f:id:playworkers:20180613132557j:image

今回は、子どもの遊びに関わる大人の方へ向けたプレイワーク講座のさわりをお伝えしました。

f:id:playworkers:20180613150614j:image

ところで、日本の場合は、プレーパークは外遊びだし、児童館は基本屋内だし、そこで 直接子どもに関わる大人の役割も違うんじゃないの?

 

と思う方もいるかもしれません。

でも、こうやって見比べてみると、共通すること多そうじゃないですか?

 

児童厚生員の役割

■児童館は、子どもたちに遊びを保障します。

■子ども一人ひとりの状態を観察し、個々のペースに応じて自立していくことができるよう、専門職員(児童厚生員)が支援します。

※児童健全育成推進財団HPより抜粋

 

プレイワーカーの役割

■遊びのプロセスをサポートし、ファシリテートすること

■すべての子どもと若者が遊べる空間づくりをサポートすること

※プレイワークの原理より抜粋

 

支援、サポート、ファシリテート…。

 

プレイワークという、環境づくりや子どもとの関わり方の経験や知識を、専門知識として学べるよう体系的に構築されたスキルは、冒険遊び場やプレーパークだけではなく、児童館でも共通して実践できる部分が多くあります。

 

この日は、プレーパークという言葉を初めて聞く方もいたので、

「遊びとは何か」や「大人の役割」、「ハザード管理」についての重要な部分だけを2時間の中に詰め込み、お伝えしました。

 

児童館などすでにある施設がもっともっと子どもにとって、自由で楽しい場所になったらいいですね。

その点で、八本松児童館の松浦館長さんとは、想いを共有し、今回のような連携に至っています。

 

7月には、隣接する公園でプレーパークイベントを開催する予定です。

 

f:id:playworkers:20180613135632j:image

プレーカー出張や講師派遣のご依頼があれば、ぜひご連絡下さい。

 

廣川和紀

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 


一般社団法人プレーワーカーズ 

 


〇プレーカー・プレーワーカーを呼びたい方、

講演・研修・遊び場づくりなど、その他ご相談はこちらへご連絡ください。

info@playworkers.org

 


〇ご支援のお願い

遊び場づくりの支援や、子どもを取り巻く課題解決のため、ご支援のほど宜しくお願い致します。

http://playworkers.org/donation

 


〇HPはこちら↓

http://playworkers.org

 


〇普段の活動の様子が見られる、ブログ「アソビのタネ」はこちら↓

http://playworkers.hateblo.jp

 


〇公式ネットショップはこちら↓

https://play.official.ec/

 


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

プレーワーカーズ公式ネットショップ

ネットショップ始めました。

これまで、プレーワーカーズでは、遊び場づくりの活動をする傍ら、オリジナルのグッズを製作したり、記録冊子をつくったりしてきました。

メンバーと直接会って、ご購入してくれた方々も多いとは思いますが、これを機に常時受付できるようになりました。

販売利益は、「子どもが遊び育つ社会を目指して」子どもの遊び場づくりの活動に使わせていただきます。

まだまだ商品が少ないのですが、一度覗いて見てください。

※これから、順次商品を増やしていきたいと思っています。もし良ければ、スマホで「BASE」のアプリをダウンロードし、「playworkers」のお店をフォローしてくれると嬉しいです。

https://play.official.ec/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

一般社団法人プレーワーカーズ 

〇プレーカー・プレーワーカーを呼びたい方、
講演・研修・遊び場づくりなど、その他ご相談はこちらへご連絡ください。
info@playworkers.org

〇ご支援のお願い
遊び場づくりの支援や、子どもを取り巻く課題解決のため、ご支援のほど宜しくお願い致します。
http://playworkers.org/donation

〇HPはこちら↓
http://playworkers.org

〇普段の活動の様子が見られる、ブログ「アソビのタネ」はこちら↓
http://playworkers.hateblo.jp

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

今日が終わるのがもったいない! in面瀬川ふれあい農園

大人になり、「今日が終わるのがもったいない」と思ったのはいつぶりでしょうか。今回の遊び場は子どももプレイワーカーである私も、「終わるのがもったいないなぁ」と思った遊び場でした。

 

立ち上げから2年と少し経った、面瀬川ふれあい農園。子どもがほとんど遊びに来なかった時から考えると、今回の2日間連続開園は、常連の子どももでてきて、新顔もスッとなじみ、気が付いたら子どもがいっぱい。
居心地のいい空気の遊び場になったと感じました。

f:id:playworkers:20180606202804j:plain

 

2018年4月14日(土)~15日(日)、面瀬川ふれあい農園2日間連続開園。雨予報を覆し、開催時間の前後は降ったものの、遊んでいる間はほとんど降りませんでした。面瀬川ふれあい農園は普段から開放している遊び場ですが、この日は1~2カ月に1回のプレイワーカーの居る日。

 

【遊び場スタート!】

f:id:playworkers:20180606203248j:plain


桜がキレイに咲くころ。毎回火起こしから遊び場はスタートします。
「もう火つけていい?」
「マッチどこ?」

「葉っぱ集めてきて!トゲトゲしたやつ!!」

 

焚きつけの杉の葉を集める連携プレーも慣れたもの。

しかし、マッチを渡してもなかなか火はおきません。
マッチを擦る方が楽しくなってきて、気が付いたら1箱擦ってしまうので、油断なりません。

f:id:playworkers:20180606203333j:plain


火がついたら、手作り遊具のすべり台の周りで遊ぶ子どもが増えてきました。

この日は、近くの学童保育の子どもたちが遊びに来ていました。

 

f:id:playworkers:20180606203357j:plain

 

f:id:playworkers:20180606203450j:plain


この日の遊び場を担当した私は、子どもの時に学童保育を利用していました。裏山のある学童保育だったので、比較的自由に遊べていたと思います。しかし唯一の悩みは、学童保育を利用していない友達と遊べないこと!


この日の面瀬では、学童の子どもも、普通に遊びに来る子どもも一緒に遊べる環境でした。普段とは違った遊び環境で過ごせた子ども達は、楽しかったでしょうか。

 

f:id:playworkers:20180606203524j:plain

 

面瀬川ふれあい農園では、周辺の住民が運営委員会に所属しているため、地元の方が様子を見に来ます。
本職の大工さんから、直々の修行!?…かと思いきや、それとなく手伝ってあげているだけでした。この距離感が、お互い心地いいようです。

 

【探検】
平地で遊ぶのに飽きると、探検に出ます。

冬にスケートしたスケートリンクはどうなっているのか、みんなで見に行くと…

 

池になってました!!

 

f:id:playworkers:20180606203552j:plain

どおりで、普通の田んぼにしては、氷が厚いと思いました。

 

探検隊は山の中へ、ずんずん進みます。手には“武器” (トンカチやバール、磁石、のこぎりなど)を持って。

すぐに「邪魔!だれか持って」と言い出すのですが、毎回何かを持って冒険にでます。

 

f:id:playworkers:20180606203613j:plain

 

急斜面を登っていくと、用水路に出ます。

 

f:id:playworkers:20180606203711j:plain

田植えまでは水が流れないようです。

探検とは言っても、ただ、山を歩くだけ。
歩きながら、ぶつぶつ・・・

「これさぁ、江戸時代につくられたって知ってる?」

「そうなの?」

「そう、実は罠が隠されてるの」

どこまで本気なのかミステリアスな話をします。


探検の終わりは決まってここ。

 

f:id:playworkers:20180606203738j:plain

 

下の道路に降りるまで、これまた急斜面。

 

 

【お昼はみんなで作る】

面瀬川ふれあい農園に帰ると、もう一度火起こしし、シチューを作りました。

半数は家に帰り、半数はふれあい農園に残ってお昼ご飯を食べます。

午後はどうしようか、なんて話をしながら食べました。

 

f:id:playworkers:20180606203804j:plain

季節ごとに表情を変える面瀬川ふれあい農園。

前回にはなかった木の実が熟していたり、草が伸びて行けたところが行けなくなったり、暑くなれば川遊びが始まったり。

1年を通して遊びもどんどん変わる、面白い遊び場です。

 

遠藤みゆ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

一般社団法人プレーワーカーズ 

〇プレーカー・プレーワーカーを呼びたい方、
講演・研修・遊び場づくりなど、その他ご相談はこちらへご連絡ください。
info@playworkers.org

〇ご支援のお願い
遊び場づくりの支援や、子どもを取り巻く課題解決のため、ご支援のほど宜しくお願い致します。
http://playworkers.org/donation

〇HPはこちら↓
http://playworkers.org

〇普段の活動の様子が見られる、ブログ「アソビのタネ」はこちら↓
http://playworkers.hateblo.jp

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

あそび場☆共和国

2018年5月20日(日)

仙台長町の八本松公園でイベントを開催しました。

f:id:playworkers:20180522104718j:image

自由に遊べるエリアがあるのはもちろんのこと、

大人も楽しめる出店もありました。

 

f:id:playworkers:20180521102157j:image

f:id:playworkers:20180522104750j:imagef:id:playworkers:20180522104757j:image

f:id:playworkers:20180522105216j:image

f:id:playworkers:20180522104809j:image

《ダクシオンの変身ベルトづくりワークショップ》

 

 

実行委員は、区内で会社経営をする庄司さんらとともに、プレーワーカーズ理事の廣川も加わり、構成されています。

 

みんな30代、そして、ほどんどが、区内で子育てをする父親。

打ち合わせは、酒も飲まず、仕事終わりの19:00頃〜マックやスタバに集合して行いました。

 

半分くらいふざけた話で盛り上がりつつも、ときにビジネスライクに、ときに子育ての話を交えつつ、企画を練ってきました。

 

また、このイベントをキッカケに、僕自身も、隣接する児童館の館長さんと親密になり、

近くの保育園や公園課担当の方との距離も縮まりました。

 

 

そんなこんなでイベント当日。

 

え?こんなに来る?っていうくらいの人。

この日、仙台のまちなかでは、すずめ踊りで有名な青葉祭りが行われているのにも関わらず、ものすごい賑わいでした。

 

来場者850人!!

f:id:playworkers:20180522104902j:image

f:id:playworkers:20180522104950j:image

プレーカーのエリアでは

f:id:playworkers:20180522105016j:image

いつもどおり、プレーキットで遊んだり

f:id:playworkers:20180522105044j:image

f:id:playworkers:20180522105104j:image

f:id:playworkers:20180522103314j:plain

f:id:playworkers:20180522103345j:plain

モンキーブリッジやハンモックを付けたり

f:id:playworkers:20180522103414j:plain

f:id:playworkers:20180522103448j:plain

 

賑やかに、それぞれで楽しく遊んでいました。

 

 

次の日の河北新報にも記事を載せてもらい、事故なく無事に終えました。

 

f:id:playworkers:20180521104848j:image

 

 

自分たちで主催しておきながら言うのもアレですが。

プレーワーカーズとしては、やっぱり

《#お出かけ#おやこ#特別な体験》

じゃなくて、もっと、日常に根ざしたゆるりと温かい、そして自由な空間で遊んで欲しいなーと思います。

 

実は、イベント終了の15:00頃、植栽のかげでDSをしている子どももいました。

 

15:00を過ぎても16:00を過ぎても木に結んだハンモック、ブランコは人気で、ずっと子どもたちが遊んでいました。

 

何のために、何やっているんだろう?

と自問自答します。

 

でも、それでも、多くの人に

プレーワーカーズを知ってもらいたい。

プレーワーカーズの発信から、子どもたちの今を知ってもらいたい。

子どもたちの今を知った先に具体的な社会参画が伴って欲しい。

プレイワークという考え方を知ってもらいたい。

そうすることで、子どもたちの遊び環境が少しでも豊かになったらいいなと思う。

 

遠回りかもしれないけど、僕は、子どもたちのすぐそばにいる大人たちを信じていきたいと思います。

そのための第一歩。

つまり、キッカケ。

このイベントのコンセプトは、

「一つの“きっかけ”が、全てのきっかけに」

 

イベント成功!良かったね!!

に留まらない、次の展開を考えていきたいと思います。

 

廣川和紀

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 


一般社団法人プレーワーカーズ 

 


〇プレーカー・プレーワーカーを呼びたい方、

講演・研修・遊び場づくりなど、その他ご相談はこちらへご連絡ください。

info@playworkers.org

 


〇ご支援のお願い

遊び場づくりの支援や、子どもを取り巻く課題解決のため、ご支援のほど宜しくお願い致します。

http://playworkers.org/donation

 


〇HPはこちら↓

http://playworkers.org

 


〇普段の活動の様子が見られる、ブログ「アソビのタネ」はこちら↓

http://playworkers.hateblo.jp

 


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

 

 

 

 

 

 

放課後シンポジウム

f:id:playworkers:20180517102002j:plain

f:id:playworkers:20180517111036j:plain

小中学生の放課後を考えるシンポジウムを塩竈市で開催しました。

 

日時:2018年5月13日(日) 10:00~16:00

会場:塩竈市魚市場 

主催:NPO法人ワーカーズコープ、一般社団法人プレーワーカーズ

 

このシンポジウム開催のきっかけは、塩竈市の児童館・放課後児童クラブの運営を指定管理で請け負っているワーカーズコープさんからの相談でした。

市の直営から受け継いで、一年が経ったところで、「遊び」を切り口にしているプレーワーカーズと何か連携してできないか。ということでした。

 

私たちとしては、「プレイワーク」の研修か、館庭への遊具づくり(を通しての環境提案)だったらご協力できます。まずは、子どもたちの普段の様子を見るためにも、プレーカーでのイベントをやってみましょう。

と、1月にプレーカーイベントを行いました。

そして、今年度の計画を立てていくにあたり、まずは、「遊び」をテーマに考えていこう。

そのためには、「児童館」の実践者でもあり、「プレーパーク」の実践者でもある、原京子さんを講師に招くのが適任だと考え、オファーしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こどもフォーラム代表 原京子氏

自主保育をきっかけに子どもの遊び環境について関心を持つ。2011年こどもNPO設立。2003年、「子どもの参画」の実現に向けた実践拠点として「ピンポンハウス」開設。2008年~名古屋市児童館館長。2014年~2016年3月石巻市子どもセンターらいつ施設長。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

快く引き受けてくださり、ありがとうございます。

 

 

そんなことから、今回の「放課後シンポジウム」が始まりました。

 

また、昨年度、七ヶ浜町で、「ななはまっこプレーパーク」という新しい動きが始まり、その立ち上げに関わっていたつながりから、塩竈でもプレーパークをやりたい!という方にも出会っていました。

*実際、「がまっこプレーパーク」という名前で、活動を始めています!!

 

それもあり、塩竈でも子どものことを考える動きが広がっていくと嬉しいなという想いも、今回の企画を後押ししてくれました。

 

 

さて、前置きが長くなりましたね。

当日の様子をご覧ください。

f:id:playworkers:20180517104334j:plain

基調講演を原さんにお願いしました。

児童館運営のアドバイザーをするなかで、見えてきたことなどをとても分かりやすくお話してくれました。

例えば、「折り紙は1枚まで」なんていうルール。

皆さんは、よく聞くルールですか?信じられないルールですか?

こういうことに関しても、ひとつひとつ、「このルールは何であるの?」「誰のため?」と、問い直していくことで、児童館が本当の意味で“子どもの場所”になっていくことを教えてくれました。

 

そして、原さんから、児童館における「プレイワーカー」の役割も説明があり、今後ますます、児童館でも「プレイワーク」が広がっていくだろうと感じました。

実際、原さんが館長、石巻子どもセンターらいつにいらっしゃったとき、「移動児童館」や「プレイワーク合同研修」という形で一緒に事業を行ってきました。

 

f:id:playworkers:20180517110157j:plain

f:id:playworkers:20180517110215j:plain

つづいて、塩竈で活動する団体の方々に活動報告をもらいました。

こういう機会を通じて、お互いにつながりあい、協力し合う体制が作れたらいいなと思いました。

 

一日がかりの長いシンポジウムだったので、ここでお昼休みを挟み、午後は、「話題提供」から始まります。

 

f:id:playworkers:20180517110928j:plain

会場は、ほぼ満席でしたね。

僕(プレーワーカーズ理事 廣川)からは、今の社会が子どもにとって、どういう状況なのか、そして、どうしていくと良いのかについて簡単に話しました。

どんなに素晴らしい児童館が、どんなに素晴らしいプレーパークが市にひとつあっても、すべての子どもたちが豊かな放課後を過ごせるようになるとは思えないので、そういう施設を中心に、「プレイワーク」の考えが、一般的なものになっていってほしいと考え、伝えてみたつもりです。

f:id:playworkers:20180517111816j:plain

f:id:playworkers:20180517111746j:plain

最後は、ワールドカフェで、「ひとりひとりができること」について話し合ってもらいました。

じつは、こんなに大勢のワールドカフェのファシリテーターをするのは初めてでした。

でも、参加者のみなさんが、それぞれで話を盛り上げてくれていたので、全体の空気感としても良かったかなと思っています。

 

シンポジウムは、参加者も大変多く、良いものになったかなと思います。

今回のきっかけが縁で、子どもを取り巻く社会問題の解決に向けて、市民・NPO・自治体・学校・企業が協働する一歩となることを願っています。

 

廣川和紀

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

一般社団法人プレーワーカーズ 

〇プレーカー・プレーワーカーを呼びたい方、
講演・研修・遊び場づくりなど、その他ご相談はこちらへご連絡ください。
info@playworkers.org

〇ご支援のお願い
遊び場づくりの支援や、子どもを取り巻く課題解決のため、ご支援のほど宜しくお願い致します。
http://playworkers.org/donation

〇HPはこちら↓
http://playworkers.org

〇普段の活動の様子が見られる、ブログ「アソビのタネ」はこちら↓
http://playworkers.hateblo.jp

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

高校生企画「地産地消フェス」のキッズブースをお手伝いしました!

2018年4月8日(日)、気仙沼の高校生が企画した「地産地消フェス」が市内南町で開催されました。100メートルほどの道路を歩行者天国にして、工作やお絵かきのできるキッズブースだけでなく、地元の食品を使った料理やスイーツの販売、思いのたけをぶつけるプレゼンテーション、軽音楽部などが演奏するライブステージなど、盛りだくさんの内容でした。高校生だけでなく、乳幼児~小学生の親子連れも多く、0~18歳のすべての年齢層の子どもが来場した印象でした。

 

f:id:playworkers:20180412185337j:plain


【やりたいことをやるための責任】

今回は高校生たちが手探りで準備を進めてきたこともあり、企画段階から相談をいただきました。

 

打ち合わせでは、

「私はいろんな人に出会ってここまで来たから、人とのつながりが感じられるイベントにしたい!」

「高校生だからできる、地域活性化を!」

東日本大震災を経て、成長した私達から感謝を伝えたい!!」

という熱い想いと同時に、

「本当に実現できるだろうか?」

「どうしたらいいんだろう??」

という不安が感じられました。

 

f:id:playworkers:20180412185755j:plain

 

学校の課題でもなく、部活動でもなく、自分たちが「やりたい」と企画したからこそ、のしかかる不安と準備の難しさ。

 

気仙沼中の大人たちも、ずいぶん手伝ったかもしれませんが、やりたいことをやるための責任を負って実行に移した高校生たちは本当にすごいエネルギーをもっていると感じました。

 

【遊び場の思い出】

キッズブースでは、ローテーションで高校生が代わるがわる担当しました。

「いまから担当します、よろしくお願いします。」

と挨拶に来ると、「そういえば、この車(プレーカー)を知ってます。震災直後にあそびーばーに行ってたので」と話してくれる高校生が何人かいました。「あそびーばー」とは、震災直後に日本冒険遊び場づくり協会が被災地支援として気仙沼市につくった冒険遊び場です。

 

f:id:playworkers:20180412190219j:plain

 

「震災を経て成長した姿を見せたい」と言っていた高校生たち。震災当時は小学生だった子どもが、高校生となって子どもを見守る側になっている、子どもと大人の時間の感覚はまったく違う、と感じる瞬間でした。

 

話を聞くと、震災直後に一緒に遊んだプレイワーカーの名前はよく知った名前もあり、くぎさしが好きだったこと、ザリガニを釣って食べたこと、いろんな「遊び場の思い出」を話してくれました。

 

懐かしすぎて、まき方を忘れたベーゴマに苦戦しながら。

  

f:id:playworkers:20180412185944j:plain

 

大人になった私にとっては何気ない遊び場のひとつひとつの場面が、子どもにとっては「思い出」として積み重なり、子ども時代を形づくると思うと、丁寧に過ごしたいなぁと思った日でした。

遠藤みゆ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

一般社団法人プレーワーカーズ 

〇プレーカー・プレーワーカーを呼びたい方、
講演・研修・遊び場づくりなど、その他ご相談はこちらへご連絡ください。
info@playworkers.org

〇ご支援のお願い
遊び場づくりの支援や、子どもを取り巻く課題解決のため、ご支援のほど宜しくお願い致します。
http://playworkers.org/donation

〇HPはこちら↓
http://playworkers.org

〇普段の活動の様子が見られる、ブログ「アソビのタネ」はこちら↓
http://playworkers.hateblo.jp

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※