アソビのタネ

子どもがいるならどこでも「もっと楽しく」「もっとのびのびと」「もっと安心して」いられる現場づくりでの実践を記していきます。

【プレーパークけせんぬま】ゲームの世界は自由?

高学年になると、背中を丸めて一人ゲームに熱中する子どもをよく見かけます。

近くを通った時に、

「あーーやられた!!おまえ何してんのー!」

とその子が叫んでびっくりしました。

その後も、ぶつぶつ何かを喋っていました。

 

「なんで一人で喋っているの?」と聞くと、

「イヤホンとマイクをつけてネット上の友達と一緒にプレイしているんだよ」

と近くの子が教えてくれました。

遠くの友達はもちろん、まったく知らない人と遊ぶこともあるそうです。

 

ゲームが良いとか、悪いとか、今回はそんな話は置いておいて、

リアルな世界に子どもの行く場所が本当にないんだなぁと思いました。

 

 

子どもが少なくて、ご近所に遊び仲間がいない。

 

空き地は人の土地。入ってはいけない。

 

放課後は一度帰宅しないと遊びに行ってはいけない。家が遠いと日が暮れる。

 

自転車は◯年生からしか乗ってはいけない。遠くにはいけない。

 

歩道がない道が多い。車通りが多い道は危険。

 

不審者が出る。危険。

 

クマが出る。危険。

 

海も山も危険。

 

子ども時代の遊び風景は画面の中に。

 

それでも約7割の子どもは「自由に遊べている」と思っています。

※2018年 三世代遊び大調査より

 

「本当にこれでいいの?」

と思えるのは、子ども時代に豊かに遊んだ記憶のある大人でしょう。

 

私たちはこの現状に対する一つのアンサーとして、

外で遊べる場づくりをしています。

 

遊び場でも冒頭の子どものようにゲームする子はいますが、

周りが楽しそうに遊んでいると、

ゲームを一度置いてみんなで遊ぶ姿も見られますよ。

 

ゲームを与えるのも大人、

現状の違和感を感じるのも大人、

社会を変える力が強いのも大人です。

 

遊び場運営は地道な市民活動ですので、いつでも協力してくださる仲間を求めています。

今時期は草刈りできる人募集中…(^O^)

 

子どもに遊び育つ社会を!

 

白幡みゆ

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

〇HP

http://playworkers.org

 

Facebook

https://m.facebook.com/tohoku.playworkers/

 

Instagram

https://Instagram.com/playworkers

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCf7p2BYCg5Knod8UoUG8wqQ

 

〇イベント情報

https://line.me/R/ti/p/%40jsh9483d

 

○ネットショップ

http://play.official.ec

 

 〇ブログ「アソビノタネ」

http://playworkers.hateblo.jp

 

〇ブログ「○○(まるまる)」

http://marumaru-playworkers.hatenablog.com/

 

〇寄付

http://playworkers.org/donation

 

〇個人会員

https://play.official.ec/items/18964829

 

〇お問い合わせ

info@playworkers.org

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【プレーパークけせんぬま】どろんこってさわっていいの?

初めて来た小学1年生をどろ遊びにさそったところ、

「どろ?あそんだことなーい!

それさわっていいの?

え?いつも服が汚れるから、さわっちゃだめって言われてるよ」

と言われてびっくり。

 

 

泥に汚れた服の洗いにくさは、遊び場で働く身としては共感します。

 

でも、せっかくの外遊びの入り口を閉ざして、

「今の子は外で遊ばないよね〜」

なんて言えないですね。

 

2018年の調査で気仙沼の小学生の53%は「外遊びを一週間のうち1日もしない」と答えました。

親・祖父母世代では1%未満だったので、前代未聞の事態です。

それが将来、心と身体にどんな影響が出るのか、とても心配です。

 

 

外遊びは気持ちいいし、体力はつくし、

季節で遊びは変わるし、

なによりお金がかからない(笑)

 

それから、子どもが地域とつながる1歩目です。

 

地域の人に囲まれる安心感、

のんびりした時間、おだやかな記憶が、

子ども時代の土台となって、

その人の人生を支えると信じています。

 

子どもに遊び育つ社会を!

 

白幡みゆ

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

〇HP

http://playworkers.org

 

Facebook

https://m.facebook.com/tohoku.playworkers/

 

Instagram

https://Instagram.com/playworkers

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCf7p2BYCg5Knod8UoUG8wqQ

 

〇イベント情報

https://line.me/R/ti/p/%40jsh9483d

 

○ネットショップ

http://play.official.ec

 

 〇ブログ「アソビノタネ」

http://playworkers.hateblo.jp

 

〇ブログ「○○(まるまる)」

http://marumaru-playworkers.hatenablog.com/

 

〇寄付

http://playworkers.org/donation

 

〇個人会員

https://play.official.ec/items/18964829

 

〇お問い合わせ

info@playworkers.org

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【プレーパークけせんぬま】どじょうって本当にいるんだ!?

大人になって遊び場で働くまで、

私はドブにどじょうが住んでいることを知りませんでした。

本物を見たこともありませんでした。

 

どじょうすくいはヌルヌルで難しいと聞いたことはあっても、

本当にさわったことはありませんでした。

 

 

しかも日本にはどじょうが11種類も居るそうです。

マドジョウ・アジメドジョウ・アユモドキ・シマドジョウ・スジシマドジョウ・ヤマトシマドジョウ・ホトケドジョウナガレホトケドジョウ・エゾホトケ・イシドジョウ・ヒナイシドジョウ…

 

呪文みたい。

 

プレーパークけせんぬまの近くの水路でとれるどじょうは、いったいどれなのか。

奥深いどじょうの世界。

 

子どもがアミを持って水路を覗き込んでいると、

通りかかった人が話しかけてきます。

「なにかいるの?」

 

将来いつ役に立つかもわからない

小さな小さな経験。

地域の人に囲まれる安心感、

 

のんびりした時間、おだやかな記憶が、

子ども時代の土台となって、

その人の人生を支えると信じています。

 

子どもに遊び育つ社会を!

 

白幡みゆ

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

〇HP

http://playworkers.org

 

Facebook

https://m.facebook.com/tohoku.playworkers/

 

Instagram

https://Instagram.com/playworkers

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCf7p2BYCg5Knod8UoUG8wqQ

 

〇イベント情報

https://line.me/R/ti/p/%40jsh9483d

 

○ネットショップ

http://play.official.ec

 

 〇ブログ「アソビノタネ」

http://playworkers.hateblo.jp

 

〇ブログ「○○(まるまる)」

http://marumaru-playworkers.hatenablog.com/

 

〇寄付

http://playworkers.org/donation

 

〇個人会員

https://play.official.ec/items/18964829

 

〇お問い合わせ

info@playworkers.org

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【プレーパークけせんぬま】まんまるの梅の実をとりました

先日、毎年恒例の梅の実とりをしました。

「わーー!いっぱいついてる!」

「おれ、運ぶ係ね」

「梅興味ないし。それより遊ぼー」

大盛り上がりの梅の木まわりと、マイペースのんびりなウッドデッキ。

 

 

緑のまんまるな梅の実が枝にいっぱいついているのを見ると、

もうすぐ夏が来る予感にわくわくします。

 

雨が少ない梅雨で、例年より実りは悪かったものの、バケツで3つ。

氷砂糖で漬けて梅シロップにすると、夏のかき氷で大人気です。

 

 

木登り、梅のさらさら感、実からしみ出る透明なゲル(?)

初夏の日差し、友達とのおしゃべり、終わった後の棒アイス…

 

成績が良くなるわけでも、就職に有利になるわけでもない、

小さな小さな経験、

人に囲まれる安心感、

おだやかな記憶が、

子ども時代の土台となって、

その人の人生を支えると信じています。

 

子どもに遊び育つ社会を!

 

白幡みゆ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

〇HP

http://playworkers.org

 

Facebook

https://m.facebook.com/tohoku.playworkers/

 

Instagram

https://Instagram.com/playworkers

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCf7p2BYCg5Knod8UoUG8wqQ

 

〇イベント情報

https://line.me/R/ti/p/%40jsh9483d

 

○ネットショップ

http://play.official.ec

 

〇ブログ「アソビノタネ」

http://playworkers.hateblo.jp

 

〇ブログ「○○(まるまる)」

http://marumaru-playworkers.hatenablog.com/

 

〇寄付

http://playworkers.org/donation

 

〇個人会員

https://play.official.ec/items/18964829

 

〇お問い合わせ

info@playworkers.org

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【プレーパークけせんぬま】スタッフが利用者になった日

先日、生まれた我が子を連れて遊び場に行きました。

産休中なので、2ヶ月ぶりです。

「ちっちゃいね〜」

「オレ、おせわする!」

「指つかまれた…帰れなくなっちゃった」

出生数が低下する気仙沼市で、

珍しい小さい赤ちゃんに釘付けの子どもたちでした。

 

 

子どもの遊び場づくりをしていて、

「子どももいないのに、どうして活動をしているの?」

人から言われたこともあるし、自問自答したこともあります。

 

市民活動で出会ったたくさんの人たちは、それはそれは多様な分野で活動していました。

子どものこと、貧困のこと、外国籍のこと、

若者のこと、不登校のこと、

高齢者のこと、障がい者のこと…

 

みなさんの話を聞いて、よく思うのは、

「自分も紙一重だなぁ」ということ。

 

どんなに気をつけていても穴に落ちることがあります。

明日事故に遭うかもしれない。

働けないと、暮らしていけないかもしれない。

家族がそうなるかもしれない。

行政のセーフティネットではどうにもならない穴もある。

 

見つけてしまった穴を市民の手で埋める。

地道な活動をしている人たちが居ます。

 

私は子どもを育てることを「穴」とは思いませんが、

育つ過程にはたくさん「穴」があると思っています。

 

遊び場で大笑いして、時に相談をして、

仲間とおもしろい大人に囲まれて

今日も楽しいなって思ってもらえたら、

きっと大丈夫だと願っています。

 

親になって私はこれから、スタッフであり利用者。

…でも、実はこれまでもそうだったんですが。

私もずっと支えられてきました。

 

ごちゃまぜの遊び場は、おもしろい!

 

 

白幡みゆ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

〇HP

http://playworkers.org

 

Facebook

https://m.facebook.com/tohoku.playworkers/

 

Instagram

https://Instagram.com/playworkers

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCf7p2BYCg5Knod8UoUG8wqQ

 

〇イベント情報

https://line.me/R/ti/p/%40jsh9483d

 

○ネットショップ

http://play.official.ec

 

〇ブログ「アソビノタネ」

http://playworkers.hateblo.jp

 

〇ブログ「○○(まるまる)」

http://marumaru-playworkers.hatenablog.com/

 

〇寄付

http://playworkers.org/donation

 

〇個人会員

https://play.official.ec/items/18964829

 

〇お問い合わせ

info@playworkers.org

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【プレーパークけせんぬま】アツい!!中学生プールにドボン!!

6月も半ばを過ぎて、東北も梅雨入りしました。

遊び場の梅の実がなかなか膨らまないほど、今年は雨が少なく、

先日のプレーパーク開催日も暑かったです。

 

こんな日は、常連メンバーがプールの準備を始めます。

小学生がせっせとブルーシートに水を溜めていると…

 

この春に中学生になった女の子が

「えープールにはいるの・・・」

と遠慮気味。

 

そんなことを言ってた彼女も、気がついたらドボン!!

全身びしょ濡れで遊んでいました。

「友達に見られたらやだなー」と言いながら。

 

小学校を卒業しても遊び場を訪れ、

思いっきり遊ぶ姿を見て、嬉しくなりました。

 

中学生になると、部活・宿題・試験…

環境が変わってパタリと姿を見せなくなる子も多いです。

 

中学生でも、高校生でも、おとなになっても、

思いっきり遊ぶ時間は大切だと思います♪

 

遊び場がゆるく繋がることのできる地域の居場所になるよう、

ほそくても長く、活動していきたいです。

 



 

白幡みゆ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

〇HP

http://playworkers.org

 

Facebook

https://m.facebook.com/tohoku.playworkers/

 

Instagram

https://Instagram.com/playworkers

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCf7p2BYCg5Knod8UoUG8wqQ

 

〇イベント情報

https://line.me/R/ti/p/%40jsh9483d

 

○ネットショップ

http://play.official.ec

 

〇ブログ「アソビノタネ」

http://playworkers.hateblo.jp

 

〇ブログ「○○(まるまる)」

http://marumaru-playworkers.hatenablog.com/

 

〇寄付

http://playworkers.org/donation

 

〇個人会員

https://play.official.ec/items/18964829

 

〇お問い合わせ

info@playworkers.org

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【 悩むなんて無駄無駄、自殺なんて無駄無駄無駄無駄~! 】

何を悩んでるんだよ?
もっとテキトーに生きればいいんじゃないの?

学校?いやなら行かなきゃいいじゃん。やめちゃえやめちゃえ。
友だち?そんなのいなくたって全然へーきなんだけどなあ。いらないじゃん。
受験?それ何の役にもたたないよ。笑
先生?赤の他人じゃん。
先輩?赤の他人じゃん。
親?別に親のおかげで生きてるわけじゃ無いって知らない?
兄弟?それ必要?一人っ子たくさんいるけどねえ。
仕事?就職なんかしなくたって、仕事も会社も自分でつくれるよ?うちらもそうだから。
とにかくそんなのはぜ~んぶ今だけのことでしょ?目先のことでしょ。
きみが「いる」ということとは関係ないんだよ。
きみという存在と同じ秤にかけるほどのものでは無い。
だからさあ、全部ほうり出してテキトーにあそばない?
世の中にはいろんな人がいるんだから。
こっちに来てみれば?きみが知らないタイプの人がいるかもよ。
会いにおいでよ。

文責 プレーワーカーズ代表理事 須永力 

 

このブログは、プレーワーカーズHP記載の「特別メッセージ」を受けて書いています。2022年5月現在
http://playworkers.org/