アソビのタネ

子どもがいるならどこでも「もっと楽しく」「もっとのびのびと」「もっと安心して」いられる現場づくりでの実践を記していきます。

DAY10・子どもの遊び環境づくり~新型コロナで行き場を失った子どもたちの日常を支えてきました~

こんにちは、プレーワーカーズ事務局の廣川和紀です。 来年の3月11日で、東日本大震災から10年です。 誰もが言葉を失うようなあの未曾有の出来事から、10年。 長かったのか、短かったのか、人によっても感じ方はまちまちでしょう。 私は、2011年からは、石巻…

DAY9・私が思う対応策とafterコロナ~新型コロナで行き場を失った子どもたちの日常を支えてきました~

こんにちは、プレーワーカーズ事務局の廣川和紀です。 新型コロナの日本における新規感染者数は、4月15日をピークに下がり続け、6月現在は、3月と同程度の数値になっています。 しかし、ワクチンが開発されていない以上、まだまだ予断は許されない、第2波、…

DAY8・危機的状況における遊びと子どもの心のケア~新型コロナによって行き場を失った子どもたちの日常を支えてきました~

こんにちは、プレーワーカーズ事務局の廣川和紀です。 ETV特集 選 「7人の小さき探求者~変わりゆく世界の真ん中で~」 というNHKのドキュメンタリー映像を見ました。 https://www.nhk.jp/p/etv21c/ts/M2ZWLQ6RQP/episode/te/Y8G67491KX/ 全国に先駆け、対話…

DAY7・リスク・ベネフィットアセスメント~新型コロナによって行き場を失った子どもたちの日常を支えてきました~

こんにちは、プレーワーカーズ事務局の廣川和紀です。 これは、自分で、べっこうアメを作っているところです。 火を起こして、お玉と砂糖と水を準備し、火にかけ、 煮立って、色が変わったら、冷やして固める。 これだけの作業ですが、子どもにとっては、と…

DAY6・自分の責任で自由に遊ぶ~新型コロナによって行き場を失った子どもたちの日常を支えてきました~

こんにちは、プレーワーカーズ事務局の廣川和紀です。 ひと昔かふた昔前の話から書こうと思います。 私は、都立高校に入学したのですが、そこを受験した最大の理由は、「自由」でした。 茶髪にする若者が一般化し始めたころだったと思います。世間的にはもう…

DAY5・コロナに関する言動~新型コロナで行き場を失った子どもたちの日常を支えてきました~

こんにちは、プレーワーカーズ事務局の廣川和紀です。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、子どもたちの日常が変化しました。 今回は、自分の家の娘のことも含めてですが、子どもの居場所〇〇を継続開放する中で聞こえてきた言動を紹介しながら、危機的…

DAY4・3密について~新型コロナによって行き場を失った子どもたちの日常を支えてきました~

こんにちは、プレーワーカーズ事務局の廣川和紀です。 新型コロナウイルスが日本でも広がり始めたころ、クラスター(感染発症率が高い集団)が生まれた場所の特徴として、 1、換気が悪く 2、人が密に集まって過ごすような空間 3、不特定多数の人が接触するお…

DAY3・子どもにとって、外遊びは不要不急?~新型コロナで行き場を失った子どもたちの日常を支えてきました~

こんにちは、プレーワーカーズ事務局の廣川和紀です。 3月25日に、東京都知事から、「不要不急の外出は控えるように」という要請が出されました。 その後、4月7日に緊急事態宣言が発令され、その対象地区も4月16日に全国へ拡大されました。市民に要請した内…

DAY2・「遊ぶ」について~新型コロナにより行き場を失った子どもたちの日常を支えてきました~

こんにちは、プレーワーカーズ事務局の廣川和紀です。 2020年3月2日から、学校が休校になり、緊急事態宣言の発令に伴い、外出や人と会うことが制限されていきました。 多くの子どもたちは、家の中で、過ごしていたと思います。 突如、このような状態になり、…

DAY1・日常と非日常の違い~新型コロナにより行き場を失った子どもたちの日常を支えてきました~

こんにちは、プレーワーカーズ事務局の廣川和紀です。 民俗学者の柳田國男によって、定義された「ハレ」(祭り、年中行事などの非日常)と「ケ」(普段の生活である日常)という概念は、とても有名です。 安定した日常の中に特別な日があり、循環していくこ…

新型コロナウイルス感染症対策における寄附金の受付について

宮城県において、緊急事態宣言が解除されたことを受け、 プレーワーカーズでは新型コロナウィルス感染症対策に係る寄附金の受付窓口を下記のとおり設置しております。寄付金は新型コロナウィルス感染症に係る事業の財源として活用いたします。 ■対象事業 名…

生き物の実感

遊びの起点の続きです。 http://playworkers.hateblo.jp/entry/2020/05/13/140110 3月2日から、名取の〇〇を毎日開放しています。 僕(理事の廣川)は、事務所で仕事をしながら子どもの様子を眺めています。 歩いてすぐの水路でどじょうや小魚やヌマエビやザリ…

遊びの起点

3月2日から名取の〇〇を毎日開放しています。 僕(理事の廣川)は、事務所に入り浸りながら、助成金の報告書を書いたり、申請書を書いたり、何かと文章を書く仕事ばかり毎日やっています。 そうやって、ほぼ座りながら見えてくる光景を少しお話ししようと思…

良い遊具をありがとうございます。本当にお願いして良かったです。

2020年4月7日 2015年11月から打ち合わせを始め、 園庭づくりのプロジェクトを一緒に進めてきた 放課後等デイサービス施設「ピーターズ・キッズ」の施設長、 城内さんから久しぶりにメッセージや写真が届きました。 子どもたちも大きくなりました。 定員も増…

プレーワーカーズとは

設立記念日!目標達成!!のような節目なわけではありませんが、おかげさまで、プレーワーカーズも立ち上げてからもうすぐ5年です。 プレーワーカーズに関わってくれる方、応援してくれる方が増えてきたと思うので、改めてプレーワーカーズってなんだ?とい…

【プレーパークけせんぬま】ストレス爆発!物を壊す子ども

遊び場では時に荒々しい子どもに出会うことがあります。 今回は物を壊す子どものお話です。 ■大人の声 「遊ぶ時間があってもゲームばかりしてるんですが。」 「もっと将来のために勉強したらいいのに」 「休みの日はいっつもダラダラしてるのが気になる」 そ…

【プレーパークけせんぬま】いつもは末っ子、今日はお兄ちゃん

プレーパークの良さのひとつは、異年齢で遊べること。子どもが日常過ごしている幼稚園や学校では、ほとんどが年齢でクラス分けされます。おのずと友達は同年齢になりがちです。その日常から見ると、週末だけですが異年齢で遊ぶ場所は貴重なのかもしれません…

【プレーパークけせんぬま】2020年初開催、冬の外遊び場何してる?

新年明けましておめでとうございます。 2020年最初のプレーパークけせんぬま開催日は1月4日でした。 一番に来た子どもは新年の挨拶より先に、愚痴を吐きました。 「あーもう、本当に正月つまんなかった!親は仕事でいないし、ゲームしかやってない。もうクリ…

古民家を開放した遊び場づくりへの支援をお願いします。

あけましておめでとうございます。 本年もプレーワーカーズをよろしくお願いいたします。 今年も、古民家の庭を開放した遊び場づくりを続けていくために、 寄付キャンペーンを行います。 ぜひ、ご支援よろしくお願いいたします。 ご寄付いただける方は、こち…

子どもは、素材に息を吹き込むことができる。

2019.12.25 子どものまち・いしのまきに「素材」を提供したら、倍になって帰ってきました。 ・ ・ ことはじめは、2年前の子どものまちです。 この年、私(廣川)は、事務局長兼子ども会議のリーダーとして、イベントづくりに関わっていました。 子どものまちと…

なに〜!?ぬの屋??

2019年12月22日(日) 名取市下増田、子どもの居場所〇〇に なにぬの屋のやこさんが来てくれました。 《渋沢やこさんプロフィール》 世田谷区のプレーパークのプレーリーダーを2年間務めた後、劇団風の子付属国際児童演劇研究所で演劇を勉強「子どものいるとこ…

①河川敷でウォータースライダー!!(地域づくりのきっかけ編)

2019年8月8日〜11日まで 宮城県大崎市の鳴子温泉の河川敷でウォータースライダーをつくり、遊ぶ!というイベントを開催しました。 イベントとしては、9日にみんなで作って、 10日に遊ぼう!というものでした。 (前後は準備と片付け) ☆木材を運んで、 ☆やぐら…

名取市市民活動フォーラム

2019年10月20日 名取市市民活動フォーラムのパネルディスカッションに当団体理事の廣川がパネリストとして登壇しました。 市民活動を推進していくため、「連携」をテーマに話を進めました。 連携といっても様々な形がありますが、 最初は、助成金などの支援…

常盤まつりで遊び場を開きました!

2019年10月5日、岩手県奥州市水沢の常盤まつりで遊び場を開きました。雨予報を覆して、曇り空にかかわらず、午前中は広場が満員になるほど親子が遊びに来ました。 実行委員長の遠藤さんは「3世代の交流を目指して開いたイベントですが、こんなに子どもが来…

aso-bon1周年&いずみぱんオープン記念イベント

2019年9月27日(金)〜28日(土)aso-bon1周年&いずみぱんオープン記念イベントとして「aso-bonマルシェ」を開催しました!9月9日で1周年を迎えたaso-bon。プレーパークけせんぬまも、ようやく1歳です。 チラシにあるように、いろんなお店が出店しましたが…

「お絵かきが嫌い」な君は、本当は何が嫌いなの?

2019年8月31日 ある時、プレーパークけせんぬまの黒板に描き殴られた絵を発見しました。ぐるぐるやっていたら、自然とできた絵だと思います。 「いい角度のミッキーだなぁ」 と思って、見えた通りに上から落書きしてみました。描いた本人は、ミッキーを描い…

ノンプログラムの遊び場って飽きないの?

【ノンプログラムの遊び場】 初めて遊びに来る方に「今日は何をするんですかー?」と聞かれることが、たびたびあります。 うーん、今日は何をするのか…難しい質問です。 子どもが水遊びをしたいと言えば、水遊びが始まり、 それが終わらないうちに、「寒いし…

【プレーパークけせんぬま】夏休みになったら忙しい!?

夏休み直前、ある男の子がぼそりと言いました。 「夏休みになったら、遊びに来られないかも」 「どうして?夏休みになったら、休みが増えるのに?」 私がそう聞くと、 「だってさあ、宿題は多いし、習い事はいっぱい、いとこも来る。チョー忙しいんだ」 と答…

180,000CAMP

こんにちは。 プレーワーカーズのかずきです。 2019年7月30日~8月1日まで、主催事業として、岩手県一関市でキャンプを行いました。今年度は子どもゆめ基金の助成を頂き、実施しています。 僕は、子どもの頃からキャンプが大好きでした。 山に行って、自分で…

【プレーパークけせんぬま】ザリガニ捕り、やったことある?

プレーパークけせんぬまの最近のブームはザリガニ捕り。遊び場の近くの水路でザリガニを釣り、遊び場に連れて来ては 「ザリガニ君の家をつくる」 と言って、池をつくっています。でも、地面に穴を掘って、水を溜めているだけなので、そのうち水は地面にしみ…