読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アソビのタネ

子どもがいるならどこでも「もっと楽しく」「もっとのびのびと」「もっと安心して」いられる現場づくりでの実践を記していきます。

東日本大震災被災地復興支援の歩み

講演・シンポジウム 東北オフィス時代
弊社のルーツである「特定非営利活動法人日本冒険遊び場づくり協会」による東日本大震災被災地復興支援事業の5年間の報告会が東京で行われます。

f:id:playworkers:20160607151055p:plain

f:id:playworkers:20160607151111p:plain

当団体からはNpo法人日本冒険遊び場づくり協会東北オフィス
として活動をしていた
 
須永 力 (Tsutomu Sunaga)
神林 俊一 (Kanbayashi Shunnichi)
廣川 和紀 (Kazuki Hirokawa)
 
の3名が登壇します。
 
 
【シンポジウム】
「あそびのちから~子どもたちの復興をささえたもの~」
 
6月14日(火)
14:00~15:30
 
会場:ユニセフハウス
港区高輪4-6-12(品川駅徒歩7分)
 
1、ごあいさつ
早水研(公益財団法人日本ユニセフ協会 専務理事)
 
2、基調講演「阪神淡路大震災から東日本大震災の阿曽場活動を概観する」
天野秀昭(NPO法人日本冒険遊び場づくり協会復興支援統括担当理事)
 
3、プレーカー活動報告
神林俊一、廣川和紀
NPO法人日本冒険遊び場づくり協会東北オフィス)
 
4、シンポジウム「あそびのちから」
須永力 (NPO法人日本冒険遊び場づくり協会理事・東北オフィス事業本部長)
本田涼子(日本プレイセラピー協会理事)
鈴木美和子(気仙沼あそびーばー代表)ほか
 
参加申し込みの方は、添付されているデータの参加申込書欄を記入して頂き、03‐5789‐2034(日本ユニセフ協会 加藤宛)まで、FAXでお送りください。