読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アソビのタネ

子どもがいるならどこでも「もっと楽しく」「もっとのびのびと」「もっと安心して」いられる現場づくりでの実践を記していきます。

ハックの家 遊び空間デザイン 2日目

遊び空間デザイン

9月11日より特定非営利活動法人ハックの家のピーターズキッズにて、遊具づくりをしています。その2日目の様子をお伝えします。

 

【9月12日】タコ作り・ローリングタワーづくり・面取り・遣り方

2日目は天候がくもり、涼しい作業日和でした。

 

この日は下準備の続き、まずはタコとローリングタワーを作りました。

タコ…?ローリングタワー…???

工具も工程も、遊具づくり初参加者には分からない名前が多く、先輩達に聞きながら覚えていきます。

 

タコというのは、地面を突き固めるための道具です。

作業中のあだ名は「オクトパス」。

 

f:id:playworkers:20160913224827j:plain

 

ローリングタワーはこちら。高所で作業するやぐらにタイヤのついたものです。これだけで一つの遊具のようで、すでに放課後学校から帰ってきた子どもに人気でした。少し高いところでも、登った景色は別世界なようです。

 

f:id:playworkers:20160913225622j:plain

 

次は面取り。角材は角がトゲトゲしているので、かんなや紙やすりで角を取ります。ハックの家のスタッフも作業に参加し、大量の角材の角を削りました。

 

f:id:playworkers:20160913225849j:plain

 

そしてこの日の目玉は遣り方。枠に張った「水糸」から「さげ振り」を垂らして柱の位置を決めていきます。

 

f:id:playworkers:20160913225942j:plain

 

そして決定した位置に怒涛の穴掘り。ここに遊具の柱が立ちます。子どもの命のかかった大事な部分。地盤が固く、バールで石を砕きながらスコップでかき出す、地道な作業です。

 

f:id:playworkers:20160913230040j:plain

 

障がい児の放課後デイサービスをしているピーターズキッズは、夕方に子どもが来ます。

いつもの園庭になにやら大量の木材があり、大人が何人も穴掘りをしている…。

そんな光景にワクワクしたのか、興味津々で覗きに来る子が何人もいました。

 

「宿題終わったら見に来ようね」とスタッフが促すと、その10分後くらいに男の子が飛び出して来ました。

「宿題終わった!!!」

作業に参加していたピーターズキッズのスタッフは「こんなに早く宿題を終わらせたことない」と驚きの声を上げていました。

 

ワクワクの原動力は強いものです。

 

3日目の報告へ続きます。

【ハックの家バックナンバー】

1日目   http://playworkers.hateblo.jp/entry/2016/09/12/231000

2日目   http://playworkers.hateblo.jp/entry/2016/09/13/000000

3日目   http://playworkers.hateblo.jp/entry/2016/09/16/112000

4日目   http://playworkers.hateblo.jp/entry/2016/09/25/000000

 特別インタビュー「なぜプレーワーカーズに遊具づくりを依頼したのか?」
http://playworkers.hateblo.jp/entry/2016/09/28/202500

5日目  http://playworkers.hateblo.jp/entry/2016/10/11/142300

 6~8日目 第1回完結! http://playworkers.hateblo.jp/entry/2016/12/08/000000

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

一般社団法人プレーワーカーズ 

 

〇プレーカー・プレーワーカーを呼びたい方、

講演・研修・遊び場づくりなど、その他ご相談はこちらへご連絡ください

info@playworkers.org

 

〇ご支援のお願い

遊び場づくりの支援や、子どもを取り巻く課題解決のため、ご支援のほど宜しくお願い致します。

http://playworkers.org/donation

 

〇HPはこちら↓

http://playworkers.org

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※